忍者ブログ
社員が毎日日替わりで書いている社員ブログです。 一人一人個性がでているブログですので、 いっしょに参加されて誰かのファンになっていただけたらと思います。    末永くお付き合いの程、よろしくお願いします。
正義とは!?

おはようございます 阿部です。

皆様は、どのような不動産会社に
どのようなサービス・どのような営業担当者と
お付き合いしたいですか?と
質問をされたらどのようにお答えいたしますか?

私たちの会社はすごくすばらしい会社だと
思いませんが、だた1つ他の会社より
抜け出ていることは社員1人1人の
お客様への正義へは他の会社よりも
意識が強いと思います。

まず、売主様(ご売却依頼されるお客様)は
自分の大切な資産のご売却を任せている
仲介会社さんは本当に売主様の事を
優先に考え販売をしておりますか?

確かにこの質問を投げかけても
正直売主様ご本人も分かりませんよね!!

そこで、仲介の中の仕組みをお伝えいたします。
売主様は、現在販売しているご資産が成約されますと
ご依頼している不動産仲介会社さんに
仲介手数料をお支払いいたします。

ここからが、仲介の仕組みの理解が
難しいところになりますが、実は
買主様(不動産の購入をお考えのお客様)にも
購入を依頼している不動産仲介会社が存在するのです。

私達、不動産仲介会社は国土交通省(お国)から
売主様からご売却の依頼を受けますと
出来るだけ(売主様のご事情によりますが(周りに知られたくない等)
以外は、不動産仲介会社で物件情報を共有しなさいという
支持から『東日本レインズ』という不動産仲介会社さん
同士がみれるインターネットサイトがございまして
そこに宅地建物取引業法で定められた一定期間が過ぎますと
登録をしなくてはいけないのです。

そのサイトを見て、購入物件を検索して
購入を依頼されている不動産仲介会社は
その買主様にご紹介いたします。
そして、ご案内後ご購入になりますと
その購入を依頼された不動産仲介会社は
買主様から仲介手数料をいただけるのです。

そこで、頭の良い(いや悪知恵ついた不動産会社)
が考えた策略が、売主様からご売却の依頼を
まず受け、他の購入の依頼を受けている不動産会社から
問合せが来ても、『お申込が入っております』・
『お話が入っているのでご案内できません』・『週末契約予定です』
等の返答で、せっかくその売主様の物件を検討したい
お客様がいても、自身の会社からの購入希望のお客様で
ないと案内をさせてくれないことなのです。
これを業界用語で『囲み』といいます。

もっと分かりやすくお伝えいたしますと
先程ご説明させていただきました
売主様は、現在販売しているご資産が成約されますと
ご依頼している不動産仲介会社さんに
仲介手数料をお支払いいたします。
その不動産仲介会社さんが購入を依頼した
買主様も紹介いたしまして成約されますと
買主様から仲介手数料をいただけるのです。

そうです。1つの物件の契約で
売主様及び買主様から仲介手数料をいただけるのです。
これを業界用語で『両手仕事』といいます。
私たちも『両手仕事』をすることもございますので
その契約自体は悪いことと思いませんが
冒頭に述べました。この仕事がお客様の事を
優先して考え行っていることかどうかということなのです。

私達は、こういう囲む会社はまずお客様の事を
最優先にしているのではなく、
自分の会社の利益を最優先にしているのです。

これをお読みしていただいてる売主様がいらっしゃれば
業界のことだから別に気にしないはと思われる方も
おられるとおもいますが、ご興味があれば
ご理解してみてくださいませ。

実際あった例になりますが、私どものお客様が
大森にあるマンションの4,000万円に物件価格の
ご内覧を希望されておりました。
そのマンションのご売却の依頼を受けております
大手不動産仲介会社さんに問合せしたところ
案内をさせていただきました。その日はもう1件
その売主様からご依頼を受けておりますお客様も
ご内覧されておりました。ご内覧後当社のこ購入の
依頼を承っているお客様、4,000万円でお申し込みを
致しましたところ、先に売主様からご依頼されている
不動産会社さんのご内覧したお客様がお申込されたということで
2番手のお申込になってしまいました。その後無事に
ご契約も済まれたそうで、私たちのお客様はそのお部屋を
ご購入できませんでした。つきまして学区のこともあり
その購入をご希望しているお客様がどうしても先日ご検討
頂いたマンションが良いということでしたので、
皆様のポストに良く入る『このマンション限定でお探しの
お客様がいらっしゃいます』の文言に先日4,000万円で
お申しこみまでされた旨までいれて投函いたしましたら
実は、そのご購入出来なかったお部屋の売主様から
ご連絡がございました。ご質問を承ったのは
『私のお部屋に4,000万円のお申し込みをされたの?』
というご質問でした。私たちもお電話では本当にそのお部屋の
売主様か分かりませんでしたのでお答えいたしませんでした。
そういたしましたら1時間後、突然契約書等をご持参して
ご来店されました。そこで色々お話を伺い買主様の
ご住所・ご氏名のところは付箋でかくせれております
ご契約書を拝見させていただきました。そうするとなんと
契約金額は3,800万円になっておりました。

これは普通じゃありませんよ
もし、この不動産仲介会社さんがご売却を依頼された
売主様の事を優先考えておられるのであれば
4,000万円でお申し込みが入っていること
当売主様にお伝えしているはずなのです。
もちろん色々な諸条件がございますから
その中で3,800万円のお客様とご契約するのは
売主様のお考えになると思われます。

しかし、当然売主様の4,000万円でお申し込みが
入ったことさえご存知ではなかったのです。

もう一度おさらいでお伝えいたしますと
売主様は、現在販売しているご資産が成約されますと
ご依頼している不動産仲介会社さんに
仲介手数料をお支払いいたします。
その不動産仲介会社さんが購入を依頼した
買主様も紹介いたしまして成約されますと
買主様から仲介手数料をいただけるのです。
1つの物件の契約で
売主様及び買主様から仲介手数料をいただけるのです。
これを業界用語で『両手仕事』といいます。

ここで分かりやすくこの不動産仲介会社さんが
頂いた仲介手数料の金額お伝えいたしますと
(3,800万円×3%+6万円)×消費税=126万円を
売主様と買主様から両方頂いておりますので
126万円×2(売主様・買主様)=252万円となります。

それが当社の4,000万円での購入を希望された
お客様が成約されますと、その売主様からご依頼を
受けております不動産仲介会社さんは
売主様からだけ仲介手数料を頂きますので
(4,000万円×3%+6万円)×消費税=132.3万円となります。

上記点でご理解いただけましたでしょうか?
これが、まかり通っている業界なのです。
そのご担当者さん独自でお考えやられておるのか
会社ぐるみでそのことを推進しているのか
私どもには分かりませんが、まぁ何か揉め事になったら
その個人が単独でやったことに済ませると思いますが
なぜか?これは証拠さえそろえば宅地建物不動産業法違反
となり業務停止処分は免れない場合もございますから・・・・・・

しかし、3,800万円で購入できたのだから
買主様には正義を通したと思われることも
おありになると思われますが、確かにそこだけ見れば
買主様には200万円もの利益をもたらしました。
ただし、これだけはご理解していただきたいのは
売主様・買主様もWINとWINの関係出なければ
いけないと私たちは考えております。
このケースでは、今の現状を買主様にお伝え致しまして
ご判断を不動産仲介会社と致しまして
仰ぐべきだと思っております。

いずれにしても当社と致しましては、
こういう不当な取引を少なくする為
極力、怪しい不動産仲介会社の動きには
電話での録音等行い、誠実な業務に取り掛かりたいとおもいます。

ついつい熱が入ってしまい長文・乱文になってしまいましたが
最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

今後とも、ラスターハウス(輝けるお住まい)を
よろしくお願い申し上げます。


PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[03/03 卓球部員]
[12/02 文太好きの男]
[12/02 クルミパン好きな男]
[12/31 さかぐち]
[11/25 mizobe]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター