忍者ブログ
社員が毎日日替わりで書いている社員ブログです。 一人一人個性がでているブログですので、 いっしょに参加されて誰かのファンになっていただけたらと思います。    末永くお付き合いの程、よろしくお願いします。
金利の選択について

お久しぶりです。小澤です。

本日は、住宅ローンの選択でお客様が一番迷われる金利選択について書かせていただきます。

金利について(変動金利と固定金利の違い)

●変動金利について
適用金利は、半年毎に適用金利を見直していきます。つまり、返済期間は常に適用金利が一定ではなく、そのときごとの金利水準に連動する住宅ローンです。
適用金利が半年毎に見直される一方で、毎月返済額は5年毎に見直していきます。見直し時点では、そのときの金利水準などを加味して、その後の毎月返済額を変更していきます。
ただし、毎月返済額が上昇する場合は、上限が決まっており、旧返済額の1.25倍までとなります。

変動金利で住宅ローンを借りるメリットとしては、
 1 固定金利に比べて、低い金利である。
 2 固定金利に比べて、借入額を増やすことができる。
 3 繰り上げ返済手数料が固定金利に比べて安くなることが多い。
 (※ケースによって異なります)
などが考えられます。

デメリットとしては、
 1 借入期間内で毎月返済額が一定ではないので、将来の家計のやりくりが立てづらい。
 2 借入をした時点で、はっきりと総返済額がわからない。
 3 未払金利が発生するかもしれない。
などが考えられます。

●固定金利
返済期間や選択期間内は、適用金利が一定です。つまり、適用金利が変わらない住宅ローンです。
当然、適用金利が一定で変わりませんので、返済期間や選択期間内は、毎月返済額は一定で変わりません。
現在、固定金利には以下の2つの住宅ローンがあります。

★固定期間選択方式(2年固定・10年固定など)
  返済期間の中で、ある一定期間のみ固定金利にする住宅ローン。
  その一定期間が終わると、そのときの金利水準などによって、改めて、適用金利を決めなおし、新しい
毎月返済額に変更されます。ただ、変動金利と違い、新しい毎月返済額の上昇幅に上限がありません。
★全期間固定方式(35年固定など)
  返済終了まで適用金利が変わらず、毎月返済額も変わらないタイプ。

固定金利で住宅ローンを借りるメリットとしては、
 1 毎月返済額が一定であるため、住宅ローン以外の家計のやりくりが立て易い。
 2 低金利時代には、将来の金利上昇の負担を回避できる。
 3 借入をした時点で、はっきりと総返済額がわかる。
などが考えられます。

デメリットとしては、
 1 変動金利に比べて、高い金利である。
 2 固定期間の繰上げ返済手数料は高い。
などが考えられます。

ご参考にしてください。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

大変勉強になりました。
参考にさせて頂きます
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア

最新コメント

[03/03 卓球部員]
[12/02 文太好きの男]
[12/02 クルミパン好きな男]
[12/31 さかぐち]
[11/25 mizobe]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター