忍者ブログ
社員が毎日日替わりで書いている社員ブログです。 一人一人個性がでているブログですので、 いっしょに参加されて誰かのファンになっていただけたらと思います。    末永くお付き合いの程、よろしくお願いします。
昨日の続き


こんにちは、小澤です。
 
昨日に引き続き、土地の公的な価格の説明をさせていただきます。
主に「路線価」「公示地価」「基準地価」の3つの種類がございます。
 
●公示地価
国土交通省による土地鑑定委員会が毎年1回公示する標準地の価格です。地価公示法に基づき、公示される価格はその年の1月1日時点で、それが発表されるのは3月20日すぎ。土地価格動向の指標として、新聞紙上などで毎年もっとも大きく取り上げられるものです。
 
●路線価
路線価には「相続税路線価」と「固定資産税路線価」との2種類があるものの、一般的には「路線価」といえば「相続税路線価」のことを指します。
相続税および贈与税相続税路線価は、の算定基準となる土地評価額で、公示地価の8割程度が目安とされています。調査は相続税法に基づいて行なわれ、国税庁 (国税局) がそれぞれの価格を決定します。
 
●基準地価
公示地価とよく似たものに基準地価があり、価格の性質や目的、評価方法などは公示地価とほぼ同様に考えて差し支えなく、大きく異なるのは価格時点(基準日)が7月1日(公示地価は1月1日)である点。毎年9月20日頃に公表されます。
根拠となる法律が国土利用計画法施行令であること、調査の主体が都道府県であることなどが公示地価と異なっています。さらに、公示地価が「公示地価」「基準地価」については、新聞などで大きく取り上げられますので、ご存知の方も多いと思います。
しかしながら、我々不動産業者が査定などで一番多く使うものが「路線価」です。
 
この件に関しまして、詳しくお知りになりたい方は、ご説明いたしますのでお問い合わせください。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[03/03 卓球部員]
[12/02 文太好きの男]
[12/02 クルミパン好きな男]
[12/31 さかぐち]
[11/25 mizobe]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター