忍者ブログ
社員が毎日日替わりで書いている社員ブログです。 一人一人個性がでているブログですので、 いっしょに参加されて誰かのファンになっていただけたらと思います。    末永くお付き合いの程、よろしくお願いします。
「~ませ」

こんにちは、小澤です。

メール・手紙などをいただいたときに気になる言葉があります。
「~くださいませ」です。

私には少し違和感がありますので、調べてみました。

「ませ」は丁寧の意を添える助動詞「ます」の命令形であり、「くださいませ」は補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便化した「ください」と「ます」からなる表現です。
「いらっしゃいませ」における「ませ」もこれに同じく、「来る」の尊敬語「いらっしゃる」の連用形「いらっしゃり」の活用語尾がイ音便化した「いらっしゃい」に「ませ」が続いたものです。
したがって、文法的か否かという観点に立てば、「くださいませ」は適切な表現であるということが出来ます。
しかし、ある表現の適切性をはかる場合、文法的か否かという基準のみが考慮されるわけではありません。
だれがどのような場所でそれを用いるかという側面も重要となってきます。丁寧の意を表す助動詞「ます」は、未然形「(ください)ませ(ん)」や終止形「(ください)ます」に比べて、命令形「(ください)ませ」は男性より女性が、公的な場面よりは私的な場面で用いるという傾向が見られます。
一方、上述「いらっしゃいませ」などは、慣用的な表現として定着しているため、広く性別・場面を問わずもちいることが可能です。

だそうです。

また、「日本語調査」で
『E-メールをもらった場合、「ください」と「くださいませ」のどちらの方が好感が持てますか。』
という質問に対して
「ください」57.0%、ちがいはない20.2%、「くださいませ」22.8%

いろいろな考えがあると思います。ご参考にしてください。

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[03/03 卓球部員]
[12/31 さかぐち]
[11/25 mizobe]
[11/01 ㈱八天堂 平田]
[05/03 NONAME]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター